’57’ English Conversation Game

English | 日本語

’57’ 英会話ゲーム。

57」はウィルが4年間かけて学生たちとデザイン・改訂した英会話ゲームです。 ゲームは、すべての年齢の学生にインタラクティブな楽しみを与えるカード、サイコロ、トークン() 、電卓を使用しています。メープルマウンテンの生徒は月に1回くらい「57」を弾いています。このコラボレーションゲームは、色分けされたテーマカードに基づいており、学生は簡単なマイム、質疑応答、ロールプレイングでポイントを獲得します。その後、プレイヤーはサイコロを振ってトークン() を次のカラフルな正方形に進めます。ゲーム中、プレイヤーは電卓でポイントを競い合い、競争のスリルを与えますが、最終的には誰もが勝者です!

 

maple5



’57’ English Conversation Game

This is my ’57’ English conversation game which took four years and lots of trials (with students) to develop. The game uses 57 squares of eight different colors with dice, tokens, calculators, and six different sets of flashcards and allows students to play independently once they “learn the ropes”.

In the game students ask each other questions (and answer) based on the colour-coded theme cards and throw dice to advance their tokens. Students earn points on their calculators with simple mimes, questions-and-answers and role-playing.

’57’ develops cooperation and independent thought. During the game, players compete for points on their calculators, giving them the thrill of competing — but ultimately everyone is a winner!

 

 

 

maple6